安田メソッド・安田式遊具の考案設計者

安田 祐治 先生

心と体の理想的な成長は、子供達の日常の遊びの中にこそ潜んでいます。そのための「運動あそび」と「遊具」創りに、私は情熱を注いできました。

安田祐治先生は教育委員会の指導主事、小学校校長など、長年教育現場の最前線で子供達と接しながら「子供と遊び」の関係を追究。60年以上前から、当時の幼稚園・保育園の幼児の運動遊びを研究しはじめた世界でも数少ない専門家です。

昭和47年、安田先生が小学校に校長として赴任された当時の幼稚園・保育園・小学校は遊具の数が少なく、また、その殆どが体力強化のための訓練用、安全第一の公園遊具、見かけのデザインが主体である等、子供達の発達や体力、活動意欲に合わないものでした。そこで、専門で研究されてきた「教育における遊びの大切さ」を訴え、子供達が「自らの発意で取り組み熱中できる遊具」の開発と改良、ご自身の学校での実践に長年尽力されました。

教育学、体育学、霊長類学…人間の成長に関する学問分野は数多くありますが、子供の成長の側面から遊びを実践的に研究したものはほとんどありません。学者は子供の遊びの現場を知らず、現場の教員の多くは子供との触れ合いの中から得た知見を理論化することが少ないためです。そうした中、安田先生は理論と実践に基づいて確立された「安田メソッド」による指導法と、「安田式遊具」の両方を提供し、教育界に多大の貢献をされています。

輝け!命 安田式遊具にかける想いと実践

全国の先生方に頂いたメッセージ、安田式遊具の誕生秘話、安田先生のこれまでの実践・研究の歩みをまとめました。安田先生の「日本中の子供達に楽しく熱中できる遊びを届けたい」という願いが隅々まで詰まった一冊です。

履歴書

学業
昭和14年3月23日京都府師範学校 本科第一部 卒業
昭和18年12月9日京都府師範学校 研究科(三ヶ月)終了
資格・免許
昭和14年3月31日師範学校・中学校・高等女学校教員(体操科)免許(文検)
昭和24年9月1日高等学校普通二級教員(保健体育科)免許
昭和29年12月1日中学校普通一級教員(保健体育科)免許
昭和31年3月31日小学校普通一級教員免許
昭和41年3月30日幼稚園普通二級教員免許
職歴
昭和14年3月31日京都府竹野郡豊栄尋常高等小学校訓導
昭和17年3月31日京都市朱雀第八国民学校訓導
昭和21年4月5日京都師範学校附属国民学校訓導後、制度改定により京都学芸大学附属京都小学校教諭
昭和31年4月1日京都市立貞教小学校教諭
昭和33年4月1日京都市教育委員会指導委員後、制度改定により教科指導主事、さらに指導主事となる。
昭和40年1月京都学芸大学 非常勤講師(体育専門相撲)兼職 六周年
昭和47年4月1日京都市立東和小学校校長
昭和49年4月1日京都市立大宮小学校校長
昭和51年4月1日京都市立本能小学校校長
昭和54年3月31日退職
昭和55年4月京都教育大学 非常勤講師(体育小学校専門) 一年間
表彰等
昭和51年11月2日日本キリスト教青年会同盟より永年の体育奉仕により感謝状
昭和52年11月29日財団法人日本学校体育研究連合会(後援文部省)より表彰状
昭和54年5月9日京都市小学校体育研究会より感謝状
昭和56年10月11日京都府スキー連盟創立五十周年記念式典において表彰状
著作
たのしい体育遊び ―遊び方と指導案―(理論篇並に各論 P2-17 P40-50 P76-84 P102-113 P129-144) 昭和43年
昭和49年
自費出版
KKタイムス
安田祐治篇
他四名共著
小学校教材・教具の活用(開発遊具の設計図と写真 P93-94) 昭和46年 帝国地方行政学会 梅本二郎他編
現代学校体育大事典(学習指導の過程 P128-142)(問題に応じた体育の学習指導 P147-152) 昭和48年
昭和56年(新版)
KK大修館書店 松田岩男
宇土正彦編
体育科学習のつまづき事例研究(六年のつまづき例と指導 P178-200) 昭和49年 明治図書出版KK 松梅本二郎編
幼児の健康と体育遊び(体育遊びとその内容 P16-30) 昭和52年 KK京洛社 安田祐治監修
子供の遊びスポーツ百科(いろいろな物で遊ぶ P150-176)(野や林で遊ぶ P192-214)(水辺・水中で遊ぶ P215-252)(雪の中や氷上で遊ぶ P260-269)(施設で遊ぶ P321-333 のうち一部) 昭和56年 KK大修館書店 松延博外編
小学校体育科指導細案(体操の指導細案 P35-72) 昭和56年 明治図書出版 梅本二郎他編
運動あそび300 昭和60年 チャイルド本社 安田祐治
園児いきいき体育あそび200選 平成8年 かもがわ出版 安田祐治監修
体育遊び研究会編
幼児教育関係
運動会の種目(集)企画・編集 昭和44年 体育遊び研究グループ 安田祐治編
体育遊びを楽しく段階的に扱う指導(第三回体育遊び講習会) 昭和50年 体育遊び研究会 安田祐治編
グループを生かして楽しく遊ぶ指導(第四回体育遊び講習会) 昭和51年 体育遊び研究会 安田祐治編
幼児が自ら興味をもって遊ぶようになる指導(第五回体育遊び講習会) 昭和52年 体育遊び研究会 安田祐治編
多様な楽しい遊びとその指導の手だて(第五回体育遊び講習会) 昭和53年 体育遊び研究会 安田祐治編
時間的に発展する遊びの計画と指導の手だて(第六回体育遊び講習会) 昭和54年 体育遊び研究会 安田祐治編
体育遊びの年間指導計画について 昭和55年 体育遊び研究会 安田祐治編
研究資料「歌遊び」分担執筆 昭和55年 体育遊び研究会 体育遊び研究会編
日常の体育遊びを発展させた行事の在り方とその指導 昭和56年 体育遊び研究会 安田祐治編
体育施設・体育遊具関係
学校及び公園の体育施設・遊具について 昭和44年 自費出版 安田祐治
学校及び公園の体育施設・遊具について第二部安全点検の内容 昭和46年 自費出版 安田祐治
学校及び公園の体育施設・遊具について第三部体育遊具の批判 昭和48年 自費出版 安田祐治
学校及び公園の体育施設・遊具について第四部東和小学校の総合的遊具 昭和49年 自費出版 安田祐治
学校及び公園の体育施設・遊具について第五部大宮小学校における遊具と遊び 昭和51年 自費出版 安田祐治
学校及び公園の体育施設・遊具について第六部京都小学校に設置しようとしている総合体育遊具 昭和53年 自費出版 安田祐治
学校及び公園の体育施設・遊具について第七部子供達は総合体育遊具で存分に楽しむ(指導法) 昭和54年 自費出版 安田祐治
体操関係
新しい体操(第一集~第十集) 昭和41年~昭和50年 京都徒手体操研究会 安田祐治編集
第一回体力づくり調査団参加視察のまとめ その一 昭和44年 自費出版 安田祐治
第一回体力づくり調査団参加視察のまとめ その二 昭和44年 自費出版 安田祐治
京都体操協会三十年誌 全編執筆 昭和50年 京都体操協会
親子で体操 企画・監修 昭和55年 楽しい体育研究会 安田祐治
スポーツ関連
楽しいスキー初心者のための入門書 監修 昭和49年 京都シルバースキークラブ 発行代表者
安田祐治
創立五十周年記念誌(戦後京都市小学校におけるスキー P63) 昭和56年 京都府スキー連盟
学校水泳指導の手びき 昭和49年 京都学校水泳研究会 安田祐治監修
小学校の子供のたのしいスポーツの手びき 企画・監修 昭和51年 京都市小学校・スポーツ教室 指導者連絡協議会
学校体育におけるすもう指導(第一集~第八集) 昭和37年~昭和56年 京都学校ずもう研究同人 大日本図書KK共著
準教科書関係
たのしいたいいく 1年生~6年生 昭和32年~昭和56年 大日本図書KK共著 佐々木𠮷蔵他監修
安田祐治編集
基本の運動50選 企画・監修・執筆 昭和54年 大日本図書KK 共著
論文
幼児・小学校の体育指導関係
私の試みた指導案 低学年九月の指導(学校体育 十一巻 十号 P98) 昭和33年 KK日本体育社 安田祐治篇
他四名共著
子供の遊び(母親教室 五十号 P6) 昭和34年 帝国地方行政学会
その時どんな指導のかたちをとればよいか(保健と体育 四十三号) 昭和37年 日本辞書KK
授業研究の具体的方法(学校体育 十巻 六号 P19) 昭和38年 日本辞書KK
教師の不得意な運動の指導(学校体育 十七巻 六号 P24) 昭和39年 KK日本体育社
相撲指導とその留意点(小学校)(新体育 三十九巻 十二号 P70) 昭和44年 KK新体育社
総則第三体育を実践面から見ると(月刊体育 一巻 六号 P22) 昭和45年 KK光文書院
うれしかった授業(月刊体育 二巻 六号 P66) 昭和46年 KK光文書院
体育の学指導についての基本的な問題(月刊体育 二巻 六号 P66) 昭和46年 KK大修館書店
学習過程の充実とチームの活用(体育科教育 二十四巻 五号 P29) 昭和51年 KK大修館書店
到達度評価の考え方生かし方(体育科教育 二十四巻 十二号 P27) 昭和51年 KK大修館書店
学習課題の設定と学習の評価(体育科教育 二十五巻 三号 P24) 昭和52年 KK大修館書店
子供の遊びを生かした体育指導(学校体育 三十巻 八号 P21) 昭和52年 KK日本体育社
学ぶ力を育てる学習指導(体育科教育 二十五巻 十一号 P27) 昭和52年 KK大修館書店
夏休みに子供を育てる(健康なこども 六十九号 P12) 昭和53年 日本生活医学研究所
事故災害防止のための指導技術(学校体育 三十一巻 十二号 P80) 昭和53年 KK日本体育社
ひとりひとりを伸ばす体育指導「力試し」(体育の指導 五十八号) 昭和56年 大日本図書KK
実りある研究授業、研究協議会のために(学校体育 三十四巻 七号 P52) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その一(学校体育 三十四巻 八号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その二(学校体育 三十四巻 九号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その三(学校体育 三十四巻 十号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その四(学校体育 三十四巻 十一号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その五(学校体育 三十四巻 十二号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その六(学校体育 三十四巻 十三号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
子供に即した工夫 その二(学校体育 三十四巻 九号 P4) 昭和56年 KK日本体育社
体育施設・遊具関係
自然環境を生かした学校体育施設(体育の科学 十八巻 七号・428) 昭和43年 日本体育学会編
体育教材の開発(学校体育 二十三巻 十一号 P45) 昭和45年 KK日本体育社
施設用具のくふうについて(体育の指導 二十二巻 P1) 昭和47年 大日本図書kk
児童遊具施設について ―遊びをつくる施設を―(体育施設 四十号 P2) 昭和49年 (財)日本体育施設協会
体育用具を再検討する(体育科教育 二十三巻 六号 P26) 昭和50年 KK大修館書店
事故防止のための実践的研究(体育科教育 二十三巻 六号 P26) 昭和50年 KK大修館書店
体育用具を再検討する ―遊具設計と点検法―(体育の科学 二十九巻 二号 P116) 昭和54年 日本体育学会編
指導研究法その他
楽しくのびのびと暮そう(母親教室 三十二号 P20) 昭和33年 kk野辺路書店
体をまもる、体をきたえる(母親教室 四十三―四十四号 P20) 昭和33年 KK野辺路書店
1963年の体育教育界(えんぴつ 二巻 十二号 P10) 昭和43年 KK大日本図書
京都市における小学校を主として体育の研究サークル巡り(学校体育 二十一巻 一号 P76) 昭和43年 KK日本体育社
サークルでの授業研究の実践(学校体育 二十一巻 十一号 P58) 昭和44年 KK日本体育社
第5回ジムナストラーダに参加して(体育の科学 十九巻 十号・660) 昭和44年 日本体育学会編
現場研究の紹介 京都市の体育(学校体育 二十二巻 八号 P86) 昭和48年 KK日本体育社
研究の組織と運営
―学校における研究体制とその運営
―サークルにおける研究体制とその運営(えんぴつ 二巻 十二号 P10)
昭和37年 KK大修館書店
体操指導関係
現場で見る徒手体操とその対策(体育の科学 十二巻 十号・519) 昭和37年 日本体育学会編
徒手体操指導の急所(中学教育 P165) 昭和40年 小学館
現行の徒手体操はこれでよいのか(学校体育 十八巻 十三号 P32) 昭和40年 KK日本体育社
体操を楽しく行わせるために(体育の指導 十八号 P11) 昭和46年 KK大日本図書
消防体操(京都消防 二十五巻 八号 P30) 昭和47年 京都市消防局
体操の活動例(体育指導資料(一)) 昭和48年 KK大日本図書
体操の指導効果を高める施設用具のくふうと活用(健康と体力 九巻 五号 P20) 昭和52年 文部省体育局編
体育施設・遊具の考案設計
開発・改良の観点
体力・技能の訓練用具から、楽しい遊び用具へ 遊びを活発化する機構
技術的興味を高める構 多数同時使用、集団遊び化の機造
多数遊具の組合わせ、運動場の有機化のためのすべての施設の移動可能化 スポーツ用施設の遊具兼用化
美的構造と極彩化と使用法の関連化 安全構造
収納のための改善 製作費の軽減化
開発改良した施設・器具・用具
総合的遊び遊具(ジャングラミン)(大型)総合的遊びすべり台
遊具兼サッカーゴール兼バスケットゴール3段階鉄棒
移動式低鉄棒2段分割用とび箱
カラーマット改良安全移動式ブランコ園児・児童の取扱いの容易化移動式回旋塔
児童用改良ハードル体操用ボール
組み合せ自由とび箱その他
開発・改良の観点(プール等水泳施設)
学校及び幼稚園での指導用に適したプール(競技用プール一般プールと区別)泳げない多数の使用するプール
水遊びの多様な使用 能率化と安全構造
学習指導的配慮
水遊び用、水泳用具の改良開発
学会発表
学童の長距離歩走についての研究 第1報
32km歩走における疲労について
昭和29年8月 北海道 第7回体力医学会総会 研究発表会 共同研究者:蜂須賀弘久他
学童の長距離歩走についての研究第1報
32km歩走における疲労について
昭和29年9月19日 関西スポーツ医事研究会 第3回研究発表会 神戸医科大学 共同研究者:蜂須賀弘久他
学童の長距離歩走についての研究 昭和29年11月23日 日本体育学会 共同研究者:蜂須賀弘久他
学校遊具・公園遊具について 昭和44年6月14日 日本体育学会京都支部 第33回例会 光華女子大学 安田祐治
現代っ子に遊びを 昭和51年7月3日 日本体育学会京都支部 第61回例会京都大学 安田祐治
体育の場に見られる成長発達について
小集団学習における集団意識と態度・行動
昭和52年6月25日 日本体育学会京都支部 第63回例会 大谷大学 安田祐治
総合体育遊具の開発と遊びの発展 昭和55年12月6日 日本体育学会京都支部第73回例会 京都外国語大学 安田祐治
体育施設における運動の器具・器材について
主として学校および公園の体育施設・遊具について
(講演)
昭和44年5月22日 第二十二回全国体育施設研究協議会 神戸 安田祐治
海外研修
第1回体力づくり調査団 昭和44年6月26日〜7月20日 内閣総理府主催
 ■第五回ジムナストラーダ(世界体操供覧大会)視察研究 7月2~5日(4日間) スイス バーゼル市
 ■西ドイツのゴールデンプラン及びスパイダーペーク視察研究 7月6~13日(8日間)
   西ドイツスポーツ連盟主管のもとに、各地の大学・自治体等の体育館・野外スポーツ場・プール・公園・研究施設
   を視察。学生・一般市民・幼児・障害者等のスポーツ教室・一般開放スポーツ体操・行事等の参観ならびに
   研究討議交歓を行う。
 ■ヨーロッパ各地の体育施設の視察 イタリヤ・オーストリア・スイス・フランス・オランダ・イギリス・デンマーク
 
アメリカ・カナダ 数学・体育研修旅行 昭和52年8月16~31日 日本数学教育学会 日本学校体育研究会連合会
 ■大学・自治体の体育施設、公園等における遊具の研究
 ■スポーツ教室・障害者スポーツ大会の参観・研究
 
中国(上海・蘭州・敦煌)旅行 昭和56年9月20日~10月2日
 ■社会体育施設・一般民衆の生活における体育実践の実態
 ■保育における体育遊びの状況
社会的活動(関係団体等)
全国体育学習研究会 中央委員 昭和37~52年 昭和3年創立
第3回全国大会
副実行委員長
昭和34年 会長 松田岩男
第6回全国大会
副実行委員長
昭和36年 顧問 竹之下休蔵
第16回全国大会
副実行委員長
昭和46年
財団法人全日本すもう研修会 上級指導資格者 会長
永井高一郎死後解散
第16回全国大会 副実行委員長 昭和41~47年 理事
財団法人日本体育施設協会 昭和46年 専門調査員委嘱
財団法人日本学校体育研究連合会 昭和51年4月~昭和53年3月 評議員
財団法人日本学校体育研究連合会 昭和51年4月~昭和53年3月
昭和53年4月~53年3月
評議員
理事
全京都学校体育研究連合会 昭和51年4月~昭和54年3月 会長
京都市小学校体育研究会 昭和48年4月~昭和51年3月 副会長
京都市小学校スポーツ連盟(発足時 京都市小学校スポーツ教室指導者連絡協議会) 昭和49年(創立)~昭和51年
昭和52年
会長
顧問
京都学校水泳研究会 昭和37年(創立)~昭和53年
昭和54年~
代表・会長
顧問
京都体操研究会 昭和35年(創立)~昭和54年3月 会長
京都体操研究会(発足時 京都徒手体操研究会) 昭和35年(創立)~昭和54年3月 会長
楽しい体操研究会(発足時 京都徒手体操研究会) 昭和35年(創立)~ 会長
体育遊び研究会 昭和48年(創立)~ 代表
学校すもう研究同人 昭和35年(創立)~現在休会 代表
京都体操協会 昭和20年(創立)~ 参与・理事・部長
京都体操協会 昭和20年(創立)~
昭和五十四年
参与・理事・部長
監査
京都シルバースキークラブ 昭和32年(創立)~
昭和43~昭和48年
昭和49年~
役員
副会長
会長
財団法人日本体育学会 昭和29年~ 会員但し昭和40~昭和53年の間は支部会員
京都市文化局スポーツ課主催
「親子の体操」教室 企画・運営委嘱
昭和50年以来
毎年10月11月実施
会員
京都市衛生局保健予防課主管
各保健所実施「婦人健康増進教室」
昭和54年以来 体操指導の企画
運営委嘱
財団法人京都キリスト教青年会(京都YMCA)事業計画・リーダートレーニング等
その他、講演・講習・指導・原稿執筆・設計・相談等の依頼に対する活動
競技歴
西日本中等学校器械体操選手権大会 ジュニヤ一部 団体優勝(京都師範チーム)昭和10年
全日本中等学校器械体操選手権大会 低学年の部 団体優勝(京都師範チーム)昭和11年
明治神宮大会兼全日本中東学校器械体操選手権大会 高学年の部 団体三位(京都師範チーム)昭和12年
明治神宮大会兼全日本中東学校器械体操東西対抗競技会 団体優勝(西軍チーム)昭和12年
西日本中等学校器械体操選手権大会 シニヤ一部 団体二位(京都師範チーム)昭和12年
第二回 教育祭競技大会 体操の部 団体優勝(京都師範チーム)昭和12年
近畿師範学校体育大会 高学年の部 二位(京都師範チーム昭和13年
近畿師範学校体育大会 個人の部 吊輪 二位昭和13年
日独交歓京都大会 体操選手の部 個人優勝昭和13年
明治神宮体育大会 体操競技教員の部 京都府代表選手として出場昭和17年
第二回 国民体育大会 団体徒手一般の部 二位(京都体操クラブ選手兼監督)昭和22年
第三回 国民体育大会 団体徒手一般の部 四位(京都体操クラブ選手兼監督)昭和23年
第四~七回 国民体育大会 団体徒手一般の部 選手兼監督として出場昭和24年~昭和27年
第八~十七回 国民体育大会 団体徒手一般の部 監督として参加昭和29年~昭和37年